3Dから3S

 毎年、年の始めには一年間の目標を掲げるものですが、今年は3Dトークから3Sトークにしてみてはいかがでしょうか。
3Dとは、でも・だって・どうせ・というDのつく言葉です。
このあとには必ず弁解や言い訳や否定が続きます。
話の流れがそこでいったん遮断され、下降エネルギーに変換されます。
そして、運気もダウンしてしまいます。
逆に3Sは、やる気と元気とワクワク感を沸き上がらせます。
それは、そうね!さすが!すばらしい!のSのつく言葉です。
会話をしていると、どうしても素直にうなずけないことがあります。
そんなとき、3Dではなく3Sに変える工夫をしてみてください。
でも・と否定せず、だって・と言い訳をせず、どうせ・とふてくされずにです。
例えば「でも私には無理」と言いたいところを「そうね!私にできるかしら」と。
「だって私のせいではないもの」となるところを「さすが!考え方で気付くことあるわね」と。
「どうせ私には関係ないことだから」を「すばらしい!私もやってみようかしら」と。
DからSに変わるだけで上昇エネルギーに弾みがつきます。
今年はぜひ、3Sトークでワンさか運気アップを心がけてみましょう。