大事なもの

 ほんとうに大事なものは、無くしてからでないと気が付かないことがあります。
大事なものは、あまりにも当たり前の顔をして、日常の中に紛れ込んでいますので、つい見逃してしまいます。
ところで、何事もなく無事に過ごせるということは、様々なものが奇跡のような働きをしてくれるからです。
その奇跡の一端をこの大事なものが担っています。
それは人間だけとは限りません。
動植物であったり、自然であったり、環境であったりと色々です。
そんな風に考えたら、自分をとりまく日常から目が離せなくなります。
日常は大事なものが詰まった宝箱です。
これがまた、今を生きるということに繋がります。