五穀断ち

 道教では、50才を過ぎる頃から穀物を断つという食事をするそうです。
それは、炭水化物が体の中の毒物に栄養を与えて、
毒素の温床になるという考え方からきているようです。
お米を主食としている日本人には、ちょっと難しいところです。
暖かいご飯に、お味噌汁と漬物。
卵かけご飯。
どちらもシンプルなおかずで、幸せな美味しさを味わえます。
今、私は、断つのではなく、減らすを実践しています。
その分、野菜や豆製品は、驚くほどたくさん頂いています。
少し身体が軽くなったみたいです。